相続において問題になるポイントとは

不動産はどう相続をしたら良いのか?

不動産を相続する場合は難しいと思います。実際にはお金を分けるということは出来ますが、土地を分割して相続するといった形だとよく分からなくなるでしょう。例えば実家の土地の半分が兄のもので、もう半分が弟のものというような分け方は不可能だと思います。これは売る場合でも不便ですし、住む場合でも不便です。そういうことで不動産に関しては複数ある場合は、それぞれ話し合って、実家は兄が継いで、他の不動産は他の兄妹でというような分け方をするのが普通です。

また大きな不動産が一つしかない場合は、兄弟で分け合いますが、誰かがお金を払って、現金で配分するというような形を取ることが多いです。つまり半分半分で相続したと想定をして、その不動産を相続する人がもう一方の人にその不動産の2分の1と同等の現金を支払うということで遺産相続をするという形になります。こうなると税金などが訳が分からなくなるでしょう。

遺産の分け方はそれぞれ話し合って上手く分けたら良いのですが、税金や手続きなどがよく分からなくなるということは多いです。相続の仕方によって税金が変わってきたりもしますし、そこで配分の仕方が間違っていたということにもなるようです。そういうことを防止するために弁護士等に相談をしておいた方が出来れば良いでしょう。相談料金はかかってきますが、それ以上のリターンがあると言えますので、気軽にまずは相談をしてみましょう。初回無料というところもよくあります。