相続において問題になるポイントとは

相続放棄と借金問題について

もしも相続において借金が絡んでくるという場合は相続放棄という方法があります。これは借金までも相続したくないということで、全て放棄をしますよという形にできます。密かに故人が借金をしていたということが死後に判明することも珍しいことではありません。親が資産があるとばかり思っていたら、借金の方が多かったなんていうこともありますから、親の遺産というのを当てにするべきではないでしょう。ただ相続放棄の難しいところは、借金を引き継ぎたいくないということがあっても、実家の家まで放棄しないといけないことです。

実家に住んでいないのであれば問題ないかもしれませんが、その家の実家というか本家がなくなってしまうので、こういう場合はその家族にとってどうなんだ?ということになるでしょう。一家に拠り所がなくなり、兄弟同士バラバラになるという感じにもなりかねません。実家や土地建物などの不動産がある場合は借金も相続するということも考える必要があります。ここは、相続人同士で相談をしあってどうするかを決めるという方向でも良いでしょう。

また相続放棄をする場合は手続きが煩雑になる場合が多いです。こういう場合は専門家に相談をして、書類等を処理してもらうということが一番良いと思います。また実際に全ての資産を計算してみて、借金も相続した方が良いのかどうかということを判断してもらうということも良いのではないでしょうか。ただ不動産が多い場合はすぐに売却という形に出来るものではありませんので、しばらくは借金を払っていくということになると思います。