相続において問題になるポイントとは

相続の配分と介護の問題

相続と介護というのは密接な問題だと言えます。例えば介護で自分の親の面倒を見ていた人が遺産相続をして当然だという主張がなされることがあります。それは気持ちは分からない訳ではありません。介護というのは24時間自宅で親の面倒を見るということになります。お金もかかりますし、何より心身共に疲労するものです。ですから親の面倒を見た人が遺産相続の配分を多く取っても問題ないように思えます。

しかしここでトラブルになることは非常に多いです。何もやっていない兄弟などが遺産相続の権利を主張するということがあるのです。専門家によると法律的には、介護の有無は関係なく全ての子供に遺産相続の権利があるということになります。つまり介護をやったからと言って、配分が多くなるということはないのです。これでは介護をした人が報われないということになると思います。

しかし介護というのはそういうお金の問題ではないでしょう。誰かが責任を持って親の面倒を見るということは当然の話だという認識が必要です。ただ、何もしていない兄弟や姉妹に遺産を持っていかれるというのはかなりおかしいことだという認識は専門家の間でもあるようです。今後法改正により、介護従事者の遺産配分は多くなる可能性もあるかもしれません。しかし現行の法律では定められた配分で遺産相続するという形になっています。それが例え、実家にはしばらく、一切顔を出したことがない兄弟であっても配分は均等であるということになるようです。