相続において問題になるポイントとは

相続でもめないように事前に話し合いましょう。

今、親が亡くなってから兄弟姉妹間の相続で揉めるということが問題になっています。法律上では法定相続といって引き継ぐ財産は兄弟姉妹は皆同じで平等です。配偶者は財産の半分、その子供は残りの半分を平等に等分して引き継ぐことになります。

法律上では長男だから多く相続できるということはありません。法律上では平等ですがこのことがまた多く問題を生み出しています。例えば、親の介護と家の問題があると思います。長男であっても親の介護をせずに弟や妹に介護を任せっきりで何もせず、親が亡くなった時、法律上の相続分を要求したとしても介護をした妹や弟などからしたら納得できないと思います。

兄弟姉妹間ではそうならないうちに話し合いをすることが必要だと思います。親の介護をする代わりに、親の財産を全部相続してもいいかどうか、またその時の介護費用もどうするのか、お金の問題が出てきます。親に相談して遺言書も用意してもらった方がいいかもしれません。その方が後後で揉めることもないと思います。親が亡くなってから相続で色々問題が起きて、絶縁状態になってしまったという話もよくききます。親が元気なうちには遺言書は縁起でもないと思うかもしれませんが、いつどうなるか分からないので用意しておくに越したことはありません。一番簡単な遺言書は内容と日付、氏名を全部本人に書いてもらって印を押すという物です。この時に親と兄弟姉妹で財産の取決めなどを話し合っておくといいと思います。